ロゴ

「お悔やみの言葉をかける作法」の言い方

大切な人を亡くされたご家族や葬儀・告別式の受付係へお悔やみの言葉をかける時のマナー。「どうぞお力落としのございませんように。」「思いもかけない事で、お慰めの言葉もございません。」「ご家族の皆様の心中を、お察し申しあげます。」「敬愛する○○様のご冥福を、心からお祈り申し上げます。」「誠にご愁傷さまでございます。」「心からご冥福をお祈り申し上げます。」など。

話術

大切な人を亡くされたご家族や葬儀・告別式の受付係へお悔やみの言葉をかける時のマナー、電話でお悔やみを伝える時の一言、お悔やみのお礼の言い方などの例を紹介します。

「家族へのお悔やみ」

「受付でのお悔やみ」

「お悔やみの一言」

「電話でお悔やみを伝える」

○○様の訃報[フホウ]に接し、申し上げる言葉もございません。どうか、お気を確かに持ってください。

「お悔やみを言う時のタブー」

「弔電でお悔やみを伝える」

遠方の場合や故人との関係が薄い場合は、弔電[チョウデン]を利用するのが一般的です。 故人と親しい間柄であるにもかかわらず、通夜・葬儀・告別式への弔問ができないときは、弔電を打った後で、お悔やみの手紙と香典を郵送しましょう。

「安らかなお顔ですね」

「お悔やみは、いつまで?」

お悔やみは「ご霊前」と言われる四十九日までには行うようにしましょう。一般には早いほうが良いと思われがちですが、近親者や故人と特に親しい間柄でなければ、葬儀の前後は多忙であることを配慮して電話などでのお悔やみは控えましょう。



話術 Home 励(はげます)話術 特集|好きな人へ告白の仕方
このページの会話例を募集中です。


会えない時こそ、気持ちが届くお祝いを。
名前の詩
お名前で詩をつくる 特別なギフト。
出産祝い 入学祝い 卒業・卒園祝い 結婚祝い 新築祝い 開業・開店祝い 栄転・昇進祝い 退職祝い 金婚式 還暦祝い 古希祝い 米寿祝い 敬老の日 母の日 誕生日 その他

話術検索

© 話術.com, All rights reserved. since2007