ロゴ

災害にあった人にかける言葉


災難の話術

災害で被災された人にかけるお見舞い、励ましの言葉の例。
災害状況が分からない時は、まず相手の安否を確認し、被災者の不安な気持ちを察してお見舞いの言葉をかけましょう。災害状況が分かっている場合は、お見舞いの言葉をかけてできる範囲での協力を申し出ましょう。

(1)安否を気遣う言葉 +(2)お見舞いの言葉

例)
(1)このたびは思いもよらぬ災難で、大変だったことでしょう。ご家族の皆様はご無事ですか?(2)お気を取り直されて一日も早くご回復なさるよう祈っております。ご無事で、何よりでございました。


(1)安否を気遣う言葉

ご無事ですか?大丈夫ですか?


被害はございませんか?

お気の毒です。残念です。


(2)災害お見舞いの言葉

お見舞い申し上げます。

お祈りしております。


お気の毒さま、大変でしたね。


災害の励ましの言葉



「ご無事で何より」

「できることがあれば...」

災害のお悔やみ



話術 Home 災(さいなん)の話術
地震のお見舞い  台風のお見舞い  水害のお見舞い  停電のお見舞い  災害復興の言葉  災害のお見舞いのお礼  安否を気遣う言葉 
特集|好きな人へ告白の仕方
このページの会話例を募集中です。


会えない時こそ、気持ちが届くお祝いを。
名前の詩
お名前で詩をつくる 特別なギフト。
出産祝い 入学祝い 卒業・卒園祝い 結婚祝い 新築祝い 開業・開店祝い 栄転・昇進祝い 退職祝い 金婚式 還暦祝い 古希祝い 米寿祝い 敬老の日 母の日 誕生日 その他

話術検索

© 話術.com, All rights reserved. since2007