ロゴ

「頂き物のお礼」の言い方


お礼の話術

「素敵なおすそわけをいただき」「家族で美味しくいただきました。」「結構なお祝いの品をいただき」「過分なお祝いを頂戴いたしまして」「お心づかいをいただきまして」「いつもながらのお心づくし、誠にありがとうございます。」「過分なお心遣いをいただき、恐れ入ります。」など。

贈り物のお礼

目上の人から贈り物やプレゼントを頂いた際のお礼の言葉。「ありがとうございました」に一言付け加えましょう。

お心づかいに感謝

「お心づかい」とは、相手に対して気を使うことです。気を使っていただいたお礼の気持ちを伝えましょう。



「お中元、お歳暮のお礼」

夏のお中元、冬のお歳暮を頂いた時のお礼の言い方。お礼の言葉に季節柄の心遣いを添えましょう。

「食べものお礼の言葉」

食べ物を頂いた時のお礼は、「おいしかった」という感想だけでなく、どのように食べたのか、美味しかった気持ちを表現すると感謝の気持ちが伝わります。


お土産のお礼

お土産を頂いた時は、お礼の言葉だけでなく「思ってもいなかった」という気持ちを伝えると、相手に喜ばれます。

旅行のお土産のお礼

旅行のお土産を頂いた時は、お礼の言葉に添えて「◯◯へのご旅行はいかがでしたか?」と感想を聞くと話題が弾みます。



「お祝いのお礼の言葉」

目上の人からお祝いの贈り物をいただいた時のお礼の一言。

「結構なものへのお礼の言葉」

「結構なもの」は、現代ではやや大仰な表現です。結婚式や新築などで高価ないただき物を受け取った際に限定して使いましょう。



「ごていねいに」

贈り物の内容ではなく、相手の気持ちが嬉しいというお礼の表現です。

「欲しかった」

贈り物が気に入った際のお礼の言葉。目上の人にはややカジュアルな印象になります。



その他

贈り物への喜びの表現や、お礼の気持ち、受け取りたくない場合のお礼の言葉など。



話術 Home 礼(おれい)の話術 内祝いのお礼 特集|好きな人へ告白の仕方
このページの会話例を募集中です。


会えない時こそ、気持ちが届くお祝いを。
名前の詩
お名前で詩をつくる 特別なギフト。
出産祝い 入学祝い 卒業・卒園祝い 結婚祝い 新築祝い 開業・開店祝い 栄転・昇進祝い 退職祝い 金婚式 還暦祝い 古希祝い 米寿祝い 敬老の日 母の日 誕生日 その他

話術検索

© 話術.com, All rights reserved. since2007